独断と偏見『漫画・アニメ評』

【歴史】逃げ上手の若君

〝中先代の乱〟をご存じでしょうか。時代は鎌倉幕府滅亡後、倒幕を指揮した後醍醐天皇の建武新政(1333~36)が行われた時に起きた出来事です。1335年、実質最後の幕府執権と言われた北条高時の遺児・時行(この時10歳とも)が鎌倉幕府再興のために兵を挙げ、足利直義が守る鎌倉を一時、占拠します。

【歴史と文化】乙嫁語り

キルギス、タジキスタン、カザフスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン。中央アジアと言われるこれらの地域を舞台にした漫画作品があります。 「乙嫁語り」(作・森薫)です。現在単行本で14巻が発刊されています。前回紹介した「ふしぎの国のバード」と同じKADOKAWAの漫画雑誌「ハルタ」で連載され、現在は漫画雑誌「青騎士」で連載しています

週刊と月刊

漫画の連載を掲載するには、三つの方法があります。 週刊、月刊、そして隔月。アニメ化されるのは、週刊誌に掲載されたものが大半を占めます。月刊と隔月はより物語を深く落とし込んだ作品が多く、ややマニアック的な部分を多く含んでいます。

【物語③ 漫画家・吾峠呼世晴】連載の辞め方

これまで鳥山明さんと尾田栄一郎さんを取り上げ、連載の辞め時について触れてきました。今回は『鬼滅の刃』の原作者・吾峠呼世晴さんを取り上げたいと思います。人気絶頂にもかかわらず、続編や脇役たちに焦点を当てたスピンオフも潔く断った漫画家です。

【物語② 漫画家・尾田栄一郎】連載の辞め時

前回、漫画家・鳥山明さんを取り上げましたが、今回は大人気漫画「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎さんを紹介したいと思います。

【物語① 漫画家・鳥山明】世界を魅了したドラゴンボール

物語には、常に終わりがあります。小説にも終わりがあるように、漫画も終わりが来ます。そして作者の人生の物語も同じです。

作曲家・菅野よう子④

2000年代に入って、アニメ音楽シーンは一変しました。 古今東西の音楽やロック、民俗音楽、テクノなどさまざまな要素を取り込んでいく菅野よう子さんの音楽は、多くの作曲家やその卵たちに大きな影響を与えました。

人気の記事