教育

「絆を深める」読書会!

●絆を深める「三つの方法」 「絆」とは関わり合いの繋がりであり、心の結び付きです。家族においても、職場においても、地域社会においても「絆を深めること」「絆を強めること」は大切なことです。大切なことであると同時に、難しいのも事実です。

「願いを言葉にする」と人生が変わる!

●願いを明確にする「三つの要素」 日々の生活の中で、「悩みを言葉にする」ことが多いのではないでしょうか? 意識の中心が「悩んでいること」「困っていること」なので、どうしても口にする言葉は悩みに関することになります。それを「願いを言葉にする」ようにしたらどうでしょうか?

思いを「言葉にして伝える」効果!

●「口を開く」と「心が開く」 どのような「悩み」にも、大なり小なり「人間関係がうまくいかない」という問題が絡んでいます。人間関係がうまくいかないときは、「話が通じない」「理解してくれない」「話を聞いてくれない」という表現をすることが多くあります。

「ハマス」の源流にテロ肯定の思想

「ハマス」の源流にテロ肯定の思想 ―イスラエルで大変な悲劇が起きました。 イスラム過激派「ハマス」による突然の攻撃で、数百人が虐殺され、100人以上が生きたまま連れ去られて人質になっています。女性や子供に対する残虐行為は文字にするのも憚られるほどで、拡散した動画は世界中に衝撃を与えました。

言葉力を高める「メモする習慣」!

●メモを取る二つの目的 人生はどのような立場であっても「言葉を操るコミュニケーション能力」が必要になります。言葉を読むこと、聞くこと、語ること、書くことなど、さまざまなコミュニケーションの場面で「言葉」のやりとりがあります。

慶應高校、甲子園優勝の原動力「木鶏会」

●「美点凝視」の実践で関係を深める 今年の夏、107年ぶりに夏の甲子園で優勝したのが「慶應義塾高校野球部」です。同部を率いる森林貴彦監督は、3学年を合わせて100人を超える部員同士のコミュニケーションに課題を感じ、チーム作りのために導入してきたのが「木鶏会」という4人1組で読書感想を発表する勉強会です。

安心感と意欲を高める「共感力!」

●相手に心地よく話をさせる能力 コミュニケーション力の高い人とは、「自分が流暢に話をすること」ができるだけではなく、「相手に心地よく話をさせること」ができる人です。誰もが、会話を楽しく心地よくできる相手を好みます。そこで大切な能力が「共感力」です。

人気の記事