サンデー編集部

美濃を制する者は天下を制する

戦国時代の小説によく出てくる「美濃を制するものは天下を制する」という言葉を語ったのは斎藤道三か織田信長と言われていますが、史料には見当たらないようです。有名になったのは、司馬遼太郎の『国盗り物語』で使われたからで、それなら道三のようですが、彼は美濃を支配する前に息子の義龍に討たれてしまいます。しかし、美濃の戦略的重要さを知っていたのは確かで、その夢は娘の帰蝶が嫁いだ織田信長によって実現されます。

次世代に性道徳をいかに教えるか

◆ライフプラン教育について、他にも効果が考えられますか?---結婚や家族形成について考えさせることは、性教育の機会にもなるでしょう。刺激的な性情報が氾濫する現代にあって、一部で早期の性教育を求める声も高まっています。ただし、その内容については十分な検討が必要です。

世界に温泉の知識広める

 世界有数の温泉大国、日本。全国各地の温泉の持つ効能を正しく広める活動を30年以上続ける宮田佳子さんは、「温泉は財産。その温泉独自の効能を正しく知ることが大切です」と語る。

信長討伐に至った恵林寺の焼き討ち

本能寺の変が起きた1582年6月21日の1カ月前、5月27日に、亀山城(亀岡市)から愛宕山(京都市右京区)の愛宕権現に参詣し、参籠した光秀は、同行した家臣や連歌師と連歌を詠み、奉納しています。愛宕大権現は戦の神である愛宕勝軍地蔵を祀まつる神社で、上杉謙信も深く信仰していました。

皮膚の乾燥を防止

手で体を洗い、全身に保湿クリーム  毎年、暮れの恒例作業が神社のしめ縄作り。正月に備え、地域の老人会のメンバーと境内を掃除し、古いしめ縄を新しいのと取り替えています。先輩のしめ縄名人からわらのない方、飾りの作り方、紙垂(しで)の付け方などを習い、やがては次の世代に伝えていかなければなりません。

出産適齢期に関する正しい知識を

先回、触れられたライフプラン教育について説明していただけますか?---ライフプラン、ライフデザインなど幾つかの呼称がありますが、平たく言えば人生設計です。これまでも進学や就職の際に、若者が人生設計を考える機会がなかったわけではありません。ただ、それらはどうしてもキャリア形成に偏るきらいがありました。これも仕事優先で結婚を先延ばしにする若者が増えた要因の一つでしょう。そこで、結婚や家族形成を視野に入れたライフプラン教育の必要性が強調されるようになったのです。

元受刑者を積極雇用

昨年11 月中旬、札幌市内の繁華街であるすすきのに「おかえり」という名の一軒の居酒屋がオープンした。10 席ほどのカウンター席と小さな座敷が一つあるだけの店だが、小ぎれいで感じのいい雰囲気を醸し出している。  佐賀牛と沖縄もとぶ牛の牛肉を産地直送で取り寄せ、美おい味しい料理を提供するお店。ちょっと変わっているのが、このお店の経営者の中村浩士さん(44)が元検察官の弁護士であること。

人気の記事