教育

KADOKAWA書籍の刊行中止騒動

―トランスジェンダーに関するKADOKAWAの翻訳書籍が刊行中止に追い込まれました。 非常に残念な決定ですね。本書は欧米で大きな反響を呼び、既に10カ国語に翻訳もされています。各国で賛否両論を巻き起こしていることも事実ですが、それだけ重要な事柄を扱っているとも言えます。

「言葉」で感情をコントロール!

日々の生活において「落ち込む」「葛藤する」「イライラする」など、さまざまな感情が湧いてきて振り回されることがあります。もし、これらの感情を思い通りにコントロールすることができたら、どれだけ心地よい平安な生活になることでしょうか。車は「ハンドル」があるので思い通りの方向に走ることができるように、人間にも感情をコントロールする「ハンドル」のような機能があれば便利です。

聴き上手は「質問上手」!

●「二つの質問」ができる人になる 相手の話を聴くことの大切さが分かっていても、「よく聴くこと」は難しいものです。話を聴こうとして耳を傾けても、相手は言葉数が少なく話が続かない人がいます。理解してあげたいと思って聴いても、気持ちを表現しない人もいます。話はよくするけれども、同じ話を繰り返したり、意味不明なことを延々と話したりする人もいます。

相手の話を「最後まで聴く力」

話をしている時、最後まで話を聴いてもらえず、気分が悪くなったことはありませんか? 一生懸命に話をしていたら突然、話題が変わったり、相手は聴いていなかったり、話の内容を否定されたりする会話です。コミュニケーションでは、相手の話をよく聴く能力が大切ですが、現実は相手の話を聴くことはなかなか難しいものです。

イスラエル支持が広がらない背景

―パレスチナ情勢が混迷を極めています。 そうですね。ガザ地区ではイスラエルによるハマス掃討作戦が展開されていますが、もう一つの戦場はメディア空間です。ガザの惨状を強調するハマスと、ガザ住民を盾にするハマスの卑劣さを強調するイスラエルとの間で情報戦が繰り広げられています。

「絆を深める」読書会!

●絆を深める「三つの方法」 「絆」とは関わり合いの繋がりであり、心の結び付きです。家族においても、職場においても、地域社会においても「絆を深めること」「絆を強めること」は大切なことです。大切なことであると同時に、難しいのも事実です。

「願いを言葉にする」と人生が変わる!

●願いを明確にする「三つの要素」 日々の生活の中で、「悩みを言葉にする」ことが多いのではないでしょうか? 意識の中心が「悩んでいること」「困っていること」なので、どうしても口にする言葉は悩みに関することになります。それを「願いを言葉にする」ようにしたらどうでしょうか?

人気の記事